オマハ戦略に関するトップ5の本

より良いPLOプレーヤーにするための7つのベストポットリミットオマハの本–ファン、オコロウィッツ、ベイルなど

ポットリミットオマハアイコン ポーカーはかつてないほど人気があり、あらゆるレベルで熟練したプレーヤーが増えているため、多くのプレーヤーが、より挑戦的でない反対とよりエキサイティングなゲームを見つけるために、特にポットリミットバージョンであるオマハホールデムを発見しています。 PLOはフロップ後のアクションをたくさん提供し、すべてが根性であるため、退屈することはありません。 ポットリミットオマハは習得するのが難しいゲームです。このテーマに関する最高の本を探しているなら、トピックを詳細にカバーし、プロから学ぶための迅速な方法である8部構成のPLO戦略シリーズをチェックしてみませんか? ハンドセレクションの開始からフロップ後のプレイまで、ゲームのすべての側面をカバーしているため、スキルの低いPLOの対戦相手よりも有利になりたい場合は、見逃してはなりません。 初心者プレイヤーに最適 ビッグプレイ戦略ブックカバー 伝説のジェフ・ファンによるこの本は、ポットリミットオマハについての最も完全で徹底的な議論のままです。専門的に書かれた332ページがゲームのすべての側面を詳細にカバーしているため、読んだ後、より優れたPLOプレーヤーになることは間違いありません。 多くのPLOプレイヤーは、この特定の本をこのポーカーの変種の典型的なガイドであると考えています。対戦相手がこの本を読んだことがあり、あなたが読んでいない場合、彼はあなたに対して深刻な優位性を持っています。この本はタイトなアグレッシブなプレーを提唱しており、日付はまったくありません。自分より劣ったゆるい相手と対戦するときに最も役立つというだけです。 フルリングキャッシュゲームはこの本の基礎であり、これはオフラインとオンラインの両方のプレイに当てはまります。ただし、トーナメントの場合、ファン氏は美しいゲームについての非常によく書かれた傑作でこれをカバーしていないため、他のリソースが必要になります。これは、意欲的なPLOプレーヤーにとって必読です。 テキサスホールデムからの移行に最適 ポットリミットオマハブックカバー…

ゴーン社長 聞いてください!!

「栃木リンチ殺人事件」の被害者、須藤正和の両親は、愛車の日産ローレルを捨て、トヨタ車に乗り換えた。息子が日産社員に殺されたうえ、「諭旨退職」という汚名を着せられたままだからだ。 日産は処分を撤回しないばかりか、「当時の判断は妥当だった」と、あくまで主張を変えないのだ。 本誌前号が発売された2日後の4月19日、日産自動車社員に殺された須藤正和の両親のもとへ突然、日産自動車栃木工場の総務部長、人事課長ら幹部3人がやってきた。 父、光男からの電話でそれを知った私は、記事を読んだ日産幹部が反省して、正和の不当な処分を撤回しに来たのだとばかり思い、 「それはよかったですね」 と言ったところ、光男から意外な答えが返ってきた。 「それが違うんですよ。私らもね、てっきりそうかと思って対応したら、日産の上司らは、正和が人事に書いて送った『退職願』を戻すから、問題の『処分通知書』を返してくれっていうんだわ。きっと処分の件が報道されて騒ぎになったんで、あわてて私らの手元にある”証拠”を引き揚げに来たんでしょう」 もはや驚くべきことではないかもしれない。これが日産自動車という会社の”体質”なのか。 新盆にも一周忌にも顔を出さなかった日産幹部は、 「焼香をさせてほしい」 と言ったが、両親が、 「あんたら、それより前にやるべきこと(正和の処分撤回と名誉回復)があるんじゃないの。(焼香は)それを済ませてからにしてください」…

栃木リンチ殺人事件 追求・日産の「重大責任」

日産はかなり早い段階から事件性を認識していたのではないか。それが警察の捜査に影響を与えることはなかったのか。これまでの取材でそんな”疑惑”が浮上してきた。本誌の報道で日産は須藤正和の処分を”撤回”したが、事件の裏にはさらに隠された日産の重大責任があったのだ。 またしても日産自動車は信じられない対応で、遺族の心を傷つけた。 4月24日付の地元紙に、日産が4月19日付けで、須藤正和の「諭旨退職処分」を撤回したという記事が出ていたのだ。4月19日といえば、正和の実家に日産栃木工場の幹部3人がやってきた日ではないか。 本誌が日産自動車広報部に問い合わせると、この日、実家を訪れた幹部が口頭で処分の取り消しを伝えたという。 だが、父光男の話は180度違っていた。 「工場幹部が家にきたのは事実ですが、処分を撤回したとは聞いていない。私が聞いているのは、正和の書いた退職願いを返すから、処分通知書を戻してほしいということだけです。彼らは、私らには何も報告しないで、マスコミには処分撤回だなんて流したことで、日産に対する不信がますます募りました」 すでに詳報したとおり、正和は日産栃木工場に同期入社した植村隆宏〔仮名〕に呼び出され、植村を含む3フ少年グループにカネを脅しとられたあげく監禁され、熱湯を浴びせられる等の凄惨なリンチを受け続けた。ところが”雇い主”の日産は、被害者の正和も加害者の植村もまったく同じ「諭旨退職処分」にしていたのだ。 「須藤君に対する処分は事件の全貌を知りなかった当時の会社の判断としては妥当だった」〔広報部〕 と、日産は私の追求に対してコメントしてきた。 私は、これに強い疑念を抱いている。それどころか、さらに「重大な責任」が隠されているとさえ考えている。 正和が監禁されていた約二カ月もの間、両親が必死の思いで捜し続けたことは言うまでもない。ところが、再三の訴えにもかかわらず、栃木県警はまったく動こうとしなかったのだ。 象徴的な例が、銀行の防犯ビデオの件だ。…

栃木・須藤正和さんリンチ殺人 隠された真実

栃木県上三川町にある日産自動車栃木工場を舞台に1999年12月、凄惨なリンチ殺人事件が発生した。殺害の実行犯でリンチを主導したのは同社社員で、殺された被害者も日産の社員だった。ところが会社は二人をまったく同じ処分理由で諭旨免職にしていた。 そこに隠された真実とは―――。 それは天国にいる被害者、須藤正和からの「啓示」だったのかもしれない。 2か月前、私は都内のホテルで缶詰になって原稿を書いていた。4月23日に出版される『栃木リンチ殺人事件 警察はなぜ動かなかったのか』〔草思社〕の締め切りが目前に迫っていたからだ。資料の山を整理していると、一枚の書類がパラリと落ちた。正和が勤めていた日産自動車から送られてきた「通知書」だった。それまで何度か目にしてはいたが、まったく情けないことに、この書類が持つ重大な意味については私も気づいていなかった。 < 須藤正和 従業員就業規則第85条第6項により諭旨退職(退職金不支給)に処する 1999年11月24日 日産自動車株式会社 > これは、処分通知書ではないか。正和は殺害実行犯の日産自動車社員を含む三人の少年グループに監禁され、凄惨なリンチの果てに殺された。この間、当然、出社はできなかった。当初はそれが長期無断欠勤と受け取られていたことは知っていたが、まさか処分の対象になっていたとは。 私は、さっそく栃木県黒羽町で理髪店を営む正和の両親に問い合わせた。すると、両親も処分については初耳だったようで、非常に驚いた様子だった。 父の光男と母の洋子が正和の遺品から日産自動車の「従業員就業規則」を見つけ出した。第85条には諭旨退職および懲戒解雇に関する該当事項が列挙されていた。問題の第6項、正和の処分理由を読んだとき、私は全身に鳥肌が立つのを感じ、頭に血が上っていくのをはっきりと自覚した。 < 第85条第6項  会社施設およびその敷地内において、窃盗、暴行、脅迫、その他これに類する行為をしたとき> 冗談じゃない。正和は殺された被害者だ。なぜこんな処分になるのか。しかも加害者の日産社員も、まったく同じ処分だった。そんなばかな話はない。 だが、私がこの事件の取材を通じて知った日産という会社の体質を冷静に考えると、ありうる話しかもしれないと思った。ほぼ1年にわたる取材の結果、私はこのリンチ殺人事件の本質を語るうえで、正和が勤めていた日産の責任に言及しないわけにはいかないことに気がついていた。その理由はおいおい書くとして、その前に「事件」をざっと振り返っておこう。…