ポットリミットオマハを上手くプレイするコツ

ポットリミットオマハを上手くプレイするコツ

今日、ポーカーゲームはかつてないほど人気を博し、高度なレベルでプレイできる熟練ポーカープレイヤーが増えています

PLOのアイコン

今日、ポーカーゲームはかつてないほど人気を博し、高度なレベルでプレイできる熟練ポーカープレイヤーが増えています。そのため、よりレベルの低い対戦相手ともっとエキサイティングなゲームがしたいと考え、ポットリミットオマハ(PLO)にトライするプレイヤーが多くなっています。また、PLOであれば、フロップ後のハンド数が多く、かなり試合が白熱するので、決して退屈することはありません。

ただし、PLOを完璧にマスターするのは難しいです。PLOを攻略するための書籍を探しているなら、8部構成の『PLOストラテジーシリーズ』を読んでみてはいかがでしょうか。このシリーズは、PLOについて実に詳細に論じており、手っ取り早くプロから学ぶことができます。

オマハ戦略に関するトップ5の本

ハンドの選択からフロップ後のプレイまで、ゲームのあらゆる側面を論じているので、スキルを身に着けてPLOの対戦相手よりも優位に立ちたい人には必見でしょう。

初心者におすすめ!
『ザ・ビッグ・プレイ・ストラテジー』

伝説のプロポーカープレイヤー、ジェフ・ファン氏による本書は、PLOについての最も優れた完全攻略本です。同氏が執筆した332ページの中で、PLOのあらゆる側面を詳細に論じています。この1冊を読めば、間違いなくPLOプレイヤーとしてのスキルを上げられるでしょう。

多くのPLOプレイヤーは、本書をPLOの古典書とみなしています。もし対戦相手が本書を読んでいて、自分は読んでいなければ、相手は大きなアドバンテージを持っていることになります。

ちなみに、本書では、積極的なプレイを推奨しています。自分よりもスキルの低いルーズな相手と対戦する場合にこそ、これは効果的な戦略であるといえるでしょう。

お金を賭けるPLOが本書の基本であり、オフラインでもオンラインでも変わりはありません。ただし、PLOトーナメントについては述べられていないので、他の参考資料が必要になるかもしれません。ともあれ、ファン氏の著書は、PLOプレイヤーを目指す人にとって必読の書ですね。

テキサスホールデムプレイヤーにおすすめ!
ポットリミットオマハブック:NLHEからPLOへの移行– Tri Nguyen、2012年
本書は、ノーリミットテキサスホールデムからPLOへと移行するプレイヤー向けに書かれたベーシックなガイド本です。すでにPLOに親しんだプレイヤーにとっては、いくつかの概念に間違いがあると気づいたり、詳しく説明されていないと感じたりされるかもしれません。そのため、本書は、PLOを始めたいと思っているNLHEプレイヤー向けの非常にシンプルなガイドと見なすのがいいでしょう。

全244ページにわたる本書をここで紹介した理由は、NLHEとPLOの違いを具体的に扱っているからです。しっかりとした明確なゴール(PLOゲームで実際に勝つ、など)があるなら、前述したファン氏による『ザ・ビッグ・プレイ・ストラテジー』の方がおすすめです。

ショートスタックにおすすめ!
『シークレット・オブ・プロフェッショナル・ポットリミット・オマハ』
ロルフ・スロットブーム氏による著書で、PLOでのショートスタックについて説明しています。同氏は、PLO戦略を非常に上手く利用している最高のポーカープレイヤーの一人です。なお、タイトルからは分かりづらいので紛らわしいですが、ショートスタックに関する内容がメインとなっています。

0 comments on “ポットリミットオマハを上手くプレイするコツAdd yours →

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *