栃木リンチ殺人事件 追求・日産の「重大責任」

日産はかなり早い段階から事件性を認識していたのではないか。それが警察の捜査に影響を与えることはなかったのか。これまでの取材でそんな”疑惑”が浮上してきた。本誌の報道で日産は須藤正和の処分を”撤回”したが、事件の裏にはさらに隠された日産の重大責任があったのだ。 またしても日産自動車は信じられない対応で、遺族の心を傷つけた。 4月24日付の地元紙に、日産が4月19日付けで、須藤正和の「諭旨退職処分」を撤回したという記事が出ていたのだ。4月19日といえば、正和の実家に日産栃木工場の幹部3人がやってきた日ではないか。 本誌が日産自動車広報部に問い合わせると、この日、実家を訪れた幹部が口頭で処分の取り消しを伝えたという。 だが、父光男の話は180度違っていた。 「工場幹部が家にきたのは事実ですが、処分を撤回したとは聞いていない。私が聞いているのは、正和の書いた退職願いを返すから、処分通知書を戻してほしいということだけです。彼らは、私らには何も報告しないで、マスコミには処分撤回だなんて流したことで、日産に対する不信がますます募りました」 すでに詳報したとおり、正和は日産栃木工場に同期入社した植村隆宏〔仮名〕に呼び出され、植村を含む3フ少年グループにカネを脅しとられたあげく監禁され、熱湯を浴びせられる等の凄惨なリンチを受け続けた。ところが”雇い主”の日産は、被害者の正和も加害者の植村もまったく同じ「諭旨退職処分」にしていたのだ。 「須藤君に対する処分は事件の全貌を知りなかった当時の会社の判断としては妥当だった」〔広報部〕 と、日産は私の追求に対してコメントしてきた。 私は、これに強い疑念を抱いている。それどころか、さらに「重大な責任」が隠されているとさえ考えている。 正和が監禁されていた約二カ月もの間、両親が必死の思いで捜し続けたことは言うまでもない。ところが、再三の訴えにもかかわらず、栃木県警はまったく動こうとしなかったのだ。 象徴的な例が、銀行の防犯ビデオの件だ。…