ゴーン社長 聞いてください!!

「栃木リンチ殺人事件」の被害者、須藤正和の両親は、愛車の日産ローレルを捨て、トヨタ車に乗り換えた。息子が日産社員に殺されたうえ、「諭旨退職」という汚名を着せられたままだからだ。 日産は処分を撤回しないばかりか、「当時の判断は妥当だった」と、あくまで主張を変えないのだ。 本誌前号が発売された2日後の4月19日、日産自動車社員に殺された須藤正和の両親のもとへ突然、日産自動車栃木工場の総務部長、人事課長ら幹部3人がやってきた。 父、光男からの電話でそれを知った私は、記事を読んだ日産幹部が反省して、正和の不当な処分を撤回しに来たのだとばかり思い、 「それはよかったですね」 と言ったところ、光男から意外な答えが返ってきた。 「それが違うんですよ。私らもね、てっきりそうかと思って対応したら、日産の上司らは、正和が人事に書いて送った『退職願』を戻すから、問題の『処分通知書』を返してくれっていうんだわ。きっと処分の件が報道されて騒ぎになったんで、あわてて私らの手元にある”証拠”を引き揚げに来たんでしょう」 もはや驚くべきことではないかもしれない。これが日産自動車という会社の”体質”なのか。 新盆にも一周忌にも顔を出さなかった日産幹部は、 「焼香をさせてほしい」 と言ったが、両親が、 「あんたら、それより前にやるべきこと(正和の処分撤回と名誉回復)があるんじゃないの。(焼香は)それを済ませてからにしてください」…