栃木・須藤正和さんリンチ殺人 隠された真実

栃木県上三川町にある日産自動車栃木工場を舞台に1999年12月、凄惨なリンチ殺人事件が発生した。殺害の実行犯でリンチを主導したのは同社社員で、殺された被害者も日産の社員だった。ところが会社は二人をまったく同じ処分理由で諭旨免職にしていた。 そこに隠された真実とは―――。 それは天国にいる被害者、須藤正和からの「啓示」だったのかもしれない。 2か月前、私は都内のホテルで缶詰になって原稿を書いていた。4月23日に出版される『栃木リンチ殺人事件 警察はなぜ動かなかったのか』〔草思社〕の締め切りが目前に迫っていたからだ。資料の山を整理していると、一枚の書類がパラリと落ちた。正和が勤めていた日産自動車から送られてきた「通知書」だった。それまで何度か目にしてはいたが、まったく情けないことに、この書類が持つ重大な意味については私も気づいていなかった。 < 須藤正和 従業員就業規則第85条第6項により諭旨退職(退職金不支給)に処する 1999年11月24日 日産自動車株式会社 > これは、処分通知書ではないか。正和は殺害実行犯の日産自動車社員を含む三人の少年グループに監禁され、凄惨なリンチの果てに殺された。この間、当然、出社はできなかった。当初はそれが長期無断欠勤と受け取られていたことは知っていたが、まさか処分の対象になっていたとは。 私は、さっそく栃木県黒羽町で理髪店を営む正和の両親に問い合わせた。すると、両親も処分については初耳だったようで、非常に驚いた様子だった。 父の光男と母の洋子が正和の遺品から日産自動車の「従業員就業規則」を見つけ出した。第85条には諭旨退職および懲戒解雇に関する該当事項が列挙されていた。問題の第6項、正和の処分理由を読んだとき、私は全身に鳥肌が立つのを感じ、頭に血が上っていくのをはっきりと自覚した。 < 第85条第6項  会社施設およびその敷地内において、窃盗、暴行、脅迫、その他これに類する行為をしたとき> 冗談じゃない。正和は殺された被害者だ。なぜこんな処分になるのか。しかも加害者の日産社員も、まったく同じ処分だった。そんなばかな話はない。 だが、私がこの事件の取材を通じて知った日産という会社の体質を冷静に考えると、ありうる話しかもしれないと思った。ほぼ1年にわたる取材の結果、私はこのリンチ殺人事件の本質を語るうえで、正和が勤めていた日産の責任に言及しないわけにはいかないことに気がついていた。その理由はおいおい書くとして、その前に「事件」をざっと振り返っておこう。…