栃木リンチ殺人事件の追及-日産の「重大な責任」

あなたはこれを知りませんでしたか? !!日産は非常に早い段階からこの事件を知っていたと思います。それは警察の捜査に影響を及ぼしましたか?このような「疑惑」は、これまでのインタビューで浮かび上がってきました。この雑誌のレポートでは、日産は須藤正和の処分を「撤回」しましたが、事件の背後にはさらに隠された重大な責任がありました。

もう一度、日産自動車は信じられないほどで、遺族を傷つけました。
日産が4月19日に須藤正和の「退職処分」を取り下げたという4月24日付けの地方紙の記事がありました。4月19日は日産栃木工場の幹部3人が正和の実家に来た日です。
雑誌が日産自動車広報部に連絡したところ、実家を訪れた幹部が当日、処分の中止を口頭で発表した。
しかし、父光男の話は180度違っていた。
「工場幹部が帰宅したのは事実だが、処分を取り下げたとは聞いていない。正和が引退要請を返還すると聞いているので、処分通知を返してほしい。彼らはそうしなかった」私たちに何かを報告すると、彼らはメディアに処分が取り下げられたと言いました。それは日産への不信をますます引き起こしました。
すでに詳述したように、正和は日産栃木工場と同期しました。入社した上村隆弘(仮名)に呼ばれ、上村を含む3人の少年のグループに金銭の脅迫を受けて監禁され、沸騰したお湯に浸かるなどのひどいリンチを受け続けた。しかし、「雇用主」の日産は、犠牲者の正和と加害者の上村の両方に対して同じ「退職処分」を持っていた。
「須藤氏の処分は、事件の全体像を知らなかった当時の会社にとって適切だった」[広報部] 、日産は私の追求についてコメントしました。
私はこれについて強い疑いを持っています。それどころか、彼は「重大な責任」が隠されているとさえ考えています。
言うまでもなく、彼の両親は、彼が監禁されていた2か月間、マサカズを必死に探し続けました。しかし、苦情が繰り返されたにもかかわらず、栃木県警はまったく動いていない。
象徴的な例は、銀行のセキュリティビデオです。
銀行の支店長は両親に、正和は誰かに脅されており、防犯カメラから現金を引き出していると語った。マサカズは顔を隠すためにフードをかぶっていたが、顔に重度の火傷の兆候が見られたようだ。
支店長がアドバイス
私、「必要なときにいつでもビデオをお貸しします。早めに警察に行くべきです…」
そして私の両親は不平を言いました、しかし警察はそれでもそれに対処することを拒否しました。そうだった。
警察の対応はしばらくこのように感じました。マサカズが事件に関わったという証拠をすべて持って相談するのは無意味でした。
「事件でなければ警察は動けない…」
これは警察が言うことです。
膨大な量の捜査資料、裁判記録、関係者へのインタビューに基づいて、警察が動かなかった理由について1つの仮説があります。事件の全体像を早い段階から捉えていた日産は、企業イメージを守るために秘密裏に事件を処理しようとした結果、警察の捜査に影響を与えた。そうですね。これについては、私の著書「栃木リンチ殺人事件:なぜ警察は動かなかったのか」で詳しく説明しました。 【そうししゃ】なので、ここでは重要なポイントだけを指摘しておきます。
なぜ警察は動かなかったのですか?
2000年6月9日の栃木県議会教育警察委員会で、県警総支配人の廣畑史郎氏は、
「暴走を捜すようにという要請を受けたとき、私は誤った偏見を持っていました。……でした。」
それを説明しています。
県警は1999年10月18日、捜査要請を受け入れた。同日、日産栃木工場総務部人事部からマサカズさんの母親の陽子さんが呼ばれ、マサカズさんが日産から借金をしているとの連絡があった。同僚。陽子さんは会社の勧めで初めて石橋駅を訪れ、「S」と「日産自動車栃木工場総務部長」の役職を務める正和の上司を連れて行った。そこで検索依頼があったそうです。
ちなみに「S」は栃木県警の元警察官で、日産と警察の架け橋となっています。
廣畑氏は、現時点では誤った偏見を持っていると述べた。何が起こった。